ある事柄について評価させる場合、「非常によい/ややよい/どちらともいえない/あまりよくない/全くよくない」といった5段階評価で聞くことがよくありますね。「評定法」の中の「カテゴリー尺度法」と言ったりしますが、